喫煙者と新幹線

喫煙者のマナーの悪さが、あちらこちらでささやかれていますが、

新幹線で出張に出掛けた際、台風により新幹線の運転が全面ストップとなり、
何時間も東京で足止めをくらった時、私が経験した話です。

 

新幹線は、台風の影響で運転見合わせをしていたのですが、

最終として一本だけ新幹線が出るとのことで、足の置き場もないくらいに混雑した

新幹線に乗り込み、やっと帰路につけると安心した、新幹線車両内。

当然のことながら、新幹線の通路はもちろんのこと、デッキに至るまで人で
びっしりのすし詰め状態。

新幹線各車両通路の扉は開きっぱなし。

 

突然、新幹線車内アナウンスが・・・

「喫煙席にご乗車のお客様に申し上げます。」

「禁煙車両に、タバコの煙が流れ込み禁煙車両にご乗車頂いております、
 お客様のご迷惑となっております。」

「大変、申し訳御座いませんが、喫煙をお控え頂けます様お願い申し上げます。」

 

混雑しきった新幹線の車両内で、平然と喫煙する人たちによって車両中、
煙が蔓延していたのです。

私も、煙草好きな愛煙家のひとりですが、この状況には流石に気分が悪くなりました。

長い時間、台風の影響で車内に閉じ込められていた人も、かなり居たようで喫煙席では、

当たり前のようにタバコを吸っていたようです。

タバコを吸う人間として気持ちはわかりますが、やはり状況を考えて喫煙してもよいのか、

喫煙を控えておくべきかは、考えるのは常識ではないかと思います。

それでこそ、タバコを愛する愛煙家と言えるのではないでしょうか。

 

タバコを吸う人間でさせ気分が悪くなるような状況です。

吸わない人にとっては、どれだけ苦痛なものか、腹立たしくおもうのも当たり前です。

時代の流れと共に、少しずつ愛煙家にとっては肩身の狭い思いをするような環境になりつつあります。

しかし、このような状況を経験すると、ごく自然の流れ、当たり前かもしれないと思うところもあります。

喫煙マナーを守り、余裕のあるゆったりとした煙との時間を、大切にしていただければと思います。

 

禁煙と喫煙あなたはタバコをやめられますか?トップへ

<< 前のページ

次のページ >>

関連ページ

  • 喫煙者と新幹線

    喫煙者のマナーの悪さが、あちらこちらでささやかれていますが、 新幹線で出張に出...

  • 全面禁煙となった新幹線

    2007年3月18日のダイヤ改正にともない、 JR東日本管内を相互発着する在来...

RSSリーダーに登録